スタッフの声

仕事もプライベートも充実できる職場
学生時代の実習で病院や施設、訪問でのリハビリテーションを学び、そこで心身機能だけでなく、活動や社会参加につながるような、介入をする訪問リハビリテーションに興味を持ちました。新卒で地域理学療法分野で働くことには不安もありましたが、リハステージでは新人教育が充実していることを知り、入職を志望しました。入職してからは訪問業務に同行し、介入方法や考え方だけではなく、利用者様やご家族様との関わり方、多職種との連携等に関しても丁寧に指導を受けることが出来ました。現在でも困った事や迷った時にはすぐに相談ができ、様々な考えを知る事が出来ます。また、部署内での勉強会や社内研修会などで個人のスキル向上も図れることも魅力です。職員同士が協力して業務に取り組むため、残業が少ないことや、有給休暇がとりやすく、プライベートも充実して過ごせるので働きやすい環境です。
宮本PT
リハステージ入職に至るまで
高校卒業後、一般企業で約15年間、介護老人保健施設で1年間勤務していました。介護老人保健施設で理学療法士の存在を知り、私も理学療法士として利用者様・患者様のADL、QOLの向上に貢献したいと思い、養成校に入学しました。訪問リハビリテーションに興味があり縁有ってリハステージに入職し、現在は理学療法士として2年目になります。入職後の1年間は新人教育プログラムに沿って研修を行い、訪問の見学、模倣、部分的な代行、代行、担当移行という流れで進んでいきました。徐々にスキルアップが出来るようになっていると思っており、新卒でも十分に活躍できるステージだと思います。現在も日々先輩方の助けを受けながら楽しく働いています。そしてなにより、利用者様の笑顔を見られるのが日々嬉しいです。
岡本PT